始めるなら知っておきたい!不動産投資信託とはどういうもの?

※この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

超低金利の今日この頃。皆さんはお金をどのように管理していますか?銀行に預けておいてもほとんど増えない時代ですから、どこかよい投資先はないかと探しているところかもしれませんね。個人でも始められる金融商品の中から安定性と収益性を重視して選ぶなら、不動産投資信託はいかがでしょうか。上手に運用するコツさえつかめれば、個人投資家でもリスクを分散しながら利益を上げることができますよ。

不動産投資信託の種類

不動産投資信託の運用方法としては、用途を限定して運用する「特化型」、異なった用途で使用される不動産を組み合わせて運用する「複合型」、用途を限定せずに運用する「総合型」の3つにわけることができます。そのうち、効率のよい運用ができるという点でメリットがあるのは特化型です。

特化型にはオフィスビル特化型、住宅特化型、ホテル・リゾート特化型、物流特化型などがありますが、どのタイプを選ぶかによって、収益性や安定性に差があります。例えば、オフィスビルは景気に左右されやすいため安定はしませんが、立地がよく規模の大きい場合は、収益性が優れています。そのためハイリスクハイリターンを望む人には向いている投資先です。

一方。住宅特化型は収益性ではオフィスビル特化型に劣るものの、物件数の多いマンションなどを選べば長期的に安定した収益を見込めます。ホテル・リゾート特化型は、運営母体の業績の影響を受けやすく、景気にも左右されやすいため、業績をしっかり分析する力が必要になります。物流特化型は、景気に左右されにくいため、主要テナントが撤退しない限りは、安定性も収益性も高いと言えます。

ただし、特化型は運用効率のよさが魅力ですがリスクは高めです。ですから、初心者が投資先を選ぶときは安定性を重視して、複合型や総合型を選んだ方が無難です。景気やテナントの業績などを見て、投資先を組み合わせられるため、大きな失敗は避けられます。

不動産投資信託を選ぶコツ

不動産投資信託を選ぶときには、運用状況のチェックが欠かせません。運用状況を知るためのチェックポイントには、NOI利回りや信用格付け、運用会社、スポンサー企業などがありますが、中でも重視したいのがNOI利回りと運用会社です。

NOI利回りのNOIとは純営業収益のことです。ですから、NOI利回りを求めるときは、準営業利益を物件の取得価格で割ります。この数字が高いほど効率よい運用ができていて、収益も出やすいという判断ができるため、この指標を基準に銘柄選びをするのが一般的です。

また、不動産投資信託に限らず、金融商品は運用会社の運用能力が利益に直結します。これまでの運用は健全だったか、どのような実績があるかなど、運用会社については可能な限り詳しく調べて、健全な運用が行われているものだけを選ぶようにしましょう。

まとめ

不動産投資信託は、初心者でも比較的安全に始められる金融商品ですが、証券会社の人気銘柄ランキングなどを鵜呑みにして銘柄選びをすると失敗することがあります。不動産投資信託はできる限り自分自身で多くの情報を集め、分析しながら進めていくことが大事です。

test

Posted by sample