できる人は知っている!不動産投資信託を上手に運用するコツ

※この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

預貯金金利が低い昨今、個人投資家を中心に根強い人気を保っているのが不動産投資信託です。比較的リスクを分散しやすく、安定性と収益性を兼ね備えているため、初心者でもポイントを押さえれば始めることが可能です。そこで、これから不動産投資信託を始めたいという方でもわかるように、不動産投資信託についてご説明します。

不動産投資信託とは?

不動産投資信託とは、アメリカで1960年代に誕生したREIT(リート)のことです。Real Estate Investment Trustの略称で、投資家から集めた資金で不動産を運用したうえで、賃料収入などの形で得られた利益を投資家に分配する金融商品です。日本では、長年不動産を対象とした投資信託は禁じられていましたが、2000年11月に改正された「投資信託及び投資法人に関する法律」により、不動産を対象にすることもできるようになりました。そのため、2001年9月には不動産投資信託のための市場が創設され、取引が始まりました。仕組みの一部がアメリカのREITとは異なっているため、日本独自のREITという意味でJ-REITとも呼ばれています。不動産投資信託では、不動産の投資を専門に行う投資法人を置きます。この投資法人は、投資以外の業務を行わない特別な法人のため、運用は外部に任せています。投資法人は、不動産の選定や、管理、資金の調達など、ほぼすべての業務を資産運用会社に任せるため、実質的には投資法人の重要な業務は資金運用法人の選定になります。

不動産投資信託のメリットは?

不動産投資信託のメリットとしては、次の5つが挙げられます。
1.金額が小さくても不動産投資ができる
個人で1つの不動産に投資して運用しようと思うと、一度に多額の資金が必要ですが、多くの投資家から資金を調達して購入するため、1人当たりの金額は小さくても運用可能です。
2.少額ずつ複数の不動産にリスクを分散しながら投資することができる
多くの投資家の資金で金融商品を購入すれば、投資先を分散することも可能になるため、景気や業績の変化があっても、リスクを減らせます。
3.不動産運用は専門家が行う
直接不動産投資を行う場合には、維持管理も自分で行う必要が出てきますが、プロに運用を任せれば、関連業務のすべてを任せられます。
4.換金性が高い
不動産投資信託という形をとることで証券取引所を通してリアルタイムに価格の変動を知ることができます。
5.収益の分配率が高い
日本の不動産投資信託では、利益のほぼすべてが投資家に分配されます。直接不動産投資するのとほぼ同じように、分配金を受け取ることができるため、メリットが大きいのです。

不動産投資信託のデメリットとは?

不動産投資信託は多くのメリットがある分、デメリットもあります。例えば、証券取引所で取引される金融商品のため、元金や利回りが保証された商品ではないという点が最大のデメリットとして挙げられます。不動産投資信託に限ったデメリットという部分は少ないのですが、株式や一般的な投資信託と同様のリスクはあるため、目論見書などに記載されているリスクについてはあらかじめ理解しておくことが必要です。

まとめ

不動産投資信託は、比較的安定性と収益性が高い反面、元本や利回りの保証がないというリスクもある金融商品です。同額の投資でどれだけ収益を上げられるかは、投資法人が選んだ資金運用法人次第という面もあるため、投資法人を選ぶ際には、その投資法人がどのような資金運用法人を選んでいるかという点もしっかりチェックする必要があるでしょう。

test

Posted by sample