紹介文 = <指定のサイトや商品などについて紹介する>

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

○OK!
  • 事実ベースの情報
  • 対象のものについて魅力的に感じられる内容
×NG!
  • 想像、空想上の内容
  • 対象についてネガティブな内容(※ネガティブな内容を求める記事の場合は例外)
  • 事実と異なる、誇張した内容
読者が指定のサイトや商品を、今すぐ使いたくなるような魅力的な文章。

例外もありますが、多くの場合、紹介文では指定のサイトや商品についてポジティブな印象を持つことのできる内容が求められます。なるべくよい情報を集めてライティングするようにし、デメリットについて記載する必要があれば、それを上塗りできるようなメリットを盛り込むように心がけましょう。デメリットを書く場合には、その後にメリットを書くことで、読者によい印象を与えやすくなります。

OK例
このサイトでは、今話題のファッションアイテムを驚くほど低価格で手に入れることができます。
NG例
このサイトは、恐らく若者向けのサイトで、すぐ壊れるかもしれませんが、とにかく値段が安いアイテムがたくさん売っています。
NGポイント
「若者向け」というのが、どういった年代を指すのかもわからず、自分の想像を書いた表現になってしまっています。中でも「すぐ壊れるかもしれない」などは、非常にネガティブな想像になるので「ネガティブNG」指定の場合にはこれだけでも非承認となります。
NG例
このサイトは、対応がとても親切で安心して使えるので最高にオススメのサイトです。流行のアイテムがとても安く売られているので、このサイトだけで今期のファッションは完璧。他のどのサイトよりも商品が選びやすく、モデルも可愛いので見ているだけでも楽しくなります。
NGポイント
よい内容を書いた方がいいとは言っても、あまりにも過剰な宣伝はNGです。「最高にオススメ」「このサイトだけで完璧」「どのサイトより選びやすい」など、ダイレクトに強くお勧めするのではなく、飽くまでも自然に読者の背中を後押しするようなイメージで書きましょう。