はじめるなら淡水?それとも海水?アクアリウムで魚を飼ってみよう!

アクアリウムは癒し効果があるインテリアとして人気の高い趣味のひとつですが、アクアリウムをやったことがない人にも淡水と海水の違いがあることは想像がつきます。 そこで、これからアクアリウムを始めてみたいという人に淡水アクアリウムと海水アクアリウムの違いについてご紹介します。

自然環境を再現!癒しの淡水アクアリウム

淡水アクアリウムは、淡水魚、水草、流木などによって構成され、水草の光合成を促すために白色光でライトアップされることから、緑と白を基調とした明るい、自然環境を再現したようなアクアリウムです。 観賞用として利用される淡水魚は、グッピーやネオンテトラなどに代表される熱帯地方のカラフルな魚が多く、これらの魚は川や湖など変化に富んだ場所に生息し他の場所への移動が困難なことから生息地ごとの固有種が多く、 環境の変化に対応しやすいという特徴があります。そのため、病気などにも強く飼いやすい魚ということができます。 水槽、フィルター、水温計、照明、淡水魚用濾過材などのベーシックな資材だけで始められるという点でもお手軽です。

幻想的な美しさ!神秘の海水アクアリウム

対する海水アクアリウムはというと、海水魚、岩石ブロック、サンゴ、イソギンチャクなどによって構成され、青色照明を使った幻想的な美しさが魅力のアクアリウムです。 海水魚は淡水魚に比べて種類が豊富で派手な色合いのものが多いのが特徴です。しかし、海の中では移動がしやすいことから、海水魚は住みやすい場所へと移動する習性があり、 そのぶん環境適応性が低い、つまり飼うのが難しいといえるでしょう。また、アクアリウムの中にサンゴを取り入れるとなると、そのデリケートな性質から難しさはさらにアップし、 様々な知識や経験を必要とします。しかし、そのぶんオリジナリティが出しやすく、その美しさは淡水アクアリウムでは表現できない種類のものといえるでしょう。

初めてアクアリウムに挑戦するなら淡水がおすすめ

魚の育てやすさという面で、淡水アクアリウムの方が海水アクアリウムよりも難易度が低く、初心者向きということができるでしょう。 さらに、アクアリウムの環境維持という点でも、海水を使用しないぶん淡水アクアリウムの方が手間もかからず、機材も簡単になります。 そして、初期費用やランニング費用も安くなるため、これからアクアリウムを始める人が経験や知識を積むための練習としても良いでしょう。

アクアリウムは魚やサンゴ、水草やバクテリアといった生き物それぞれの性質はもちろんのこと、それらの相互関係、繁殖などを踏まえると、とても奥の深いものです。 あなたも水槽の中に自分の世界を作り上げて、小さな生き物たちに癒されてみませんか?

未分類

Posted by sample